hire11
       1.僱傭関係の決定方法

  僱傭関係とは、雇用法関係の略語であり、生産手段と労働手段の私有に基づく労使関係です。これは、労働者が雇用主の指導と監督の下で、雇用主が提供する条件を使用して雇用主に自分のスキルを提供し、雇用主が労働報酬を支払うという法的関係を指します。雇用主は雇用主と呼ばれ、従業員は従業員と呼ばれます。雇用関係の存在を判断するには、2つの側面を考慮する必要があります。形式的要素と実質的要素:

  フォームの要素から、両社が雇用契約または口頭雇用関係契約を締結しているかどうかを確認します。

  実質的な要件の観点から、まず、両当事者が一方の当事者にサービスを提供する権利と義務を持っているかどうか、および他方の当事者が報酬を支払うかどうかを確認する必要があります。第二に、それは従業員が雇用主の管理、指揮、監督下にあるかどうか、つまり従属関係があるかどうかに依存します。雇用関係の存在は、雇用者による従業員の管理に基づいています。雇用法上の関係では、従業員は特定の仕事を完了するために雇用主によって雇われた人です。従業員は、雇用主に従い、従い、監督する必要があります。 3つ目は、従業員が雇用主によって選択されたのか、雇用主から委託された人物によって選択されたのかを確認することです。上記の形式的かつ実質的な要素を持っている限り、それは雇用関係と見なすことができます。

  2.雇用関係と労使関係の違い

  (1)関係管理対象の範囲が異なります。労働生産関係の主題の発展は具体的です。つまり、一方の当事者は個々の労働者にしかなれず、もう一方の当事者は雇用主でなければなりません。また、中国の労働契約関係の研究対象となる労働者には厳しい制限があり、労働者は国の法定労働年齢に達し、一定の労働教育能力を持ち、中国の公務員の仕事をしている必要があります。公務員インセンティブ制度に従う機関や社会経済団体関係者、地方労働者、現役軍人は、実際には労働時間関係の主体になることはできない。16歳未満の労働者、55歳以上の女性、 60歳以上の男性は、労働法上の関係を構成しません。雇用関係における対象者の役割の範囲はさらに広く、対象者の市民行動に平等に参加する市民と法人の間で雇用関係を形成することができます。

  (2)被験者間の関係状況が異なります。労使関係には、雇用主と労働者の平等だけでなく、従属関係、つまり経営者と被経営者の関係もあります。労働者は雇用主のメンバーであり、雇用主の規則と規制を遵守し、雇用主のリーダーシップと管理の下で働く必要があります。雇用関係では、従業員は雇用主によってある程度監督、管理、管理されていますが、雇用主の規則や規制は通常、従業員を拘束するものではなく、雇用主の出席管理、報酬、罰則管理、昇進管理、給与昇進管理など。労働者は実際の仕事において比較的独立しており、彼らの間に所属はありません。

おすすめの関連記事

僱傭関係の決定とは何ですか、そしてそれは労働生産関係とどう違うのですか?

僱傭関係を決定する方法

僱傭関係と雇用関係の違いは何ですか?